オフサイトミーティングの目的とは?違ったで環境で会議をする3つの理由

近年注目をされつつあるオフサイトミーティング。

「ただ、いつもとは違う場所で行われる会議じゃないの…」とお考えではないですか?

 

オフサイトミーティングは、あえていつもとは違った環境で会議をすることにより、企業の課題解決を図る有効な手段の1つです。

 

しかし、ただ単純に外で会議をすればいいというわけではありません。

 

オフサイトミーティングの目的が分からない状況では、何となく話した満足感だけで終わってしまう場合もあります。

 

そこでこの記事では、オフサイトミーティングを行う目的をご紹介します。

 

これからオフサイトミーティングをしようと考えている企業やチームに、ぜひお役立てできれば幸いです。

 

 

オフサイトミーティングの目的は企業内メンバー同士の意見交換を促すこと

オフサイトミーティングの1番の目的は、あえて職場から離れオープンな場所で会議をすることにより、企業内メンバー同士の意見交換を促すことです。

 

通常の会議だと、短い時間内で企業やチームに沿った情報の共有や議論、決議を行うことが大半。

 

比較的短い時間で結論を出さなければならず、どうしても肩書きや役職によって発言を制限されてしまうことが少なくありません。

 

結果的に

 

・いつもと同じ単調な話し合い
・生産性がない、ただの報告
・聞いてる側の集中力の低下

 

になる恐れがあります。

 

一方、オフサイトミーティングでは、通常の会議室とは違い、ミーティングをするのは開放的な空間。

 

開放的な空間では、みんながリラックスした状態になりやすく、自由な話し合いを繰り広げられます。

 

肩書きや役職関係なく、自然とコミュニケーションが深められ、より活発な企業内メンバー同士の意見交換ができるのです。

 

また、意見交換が活発なれば、今までは出てこなかった新しいアイデアの発送や、別の切り口での議題解決を促すことができます。

 

 

 

マンネリ化した会議は有益な議論が少なく無駄が多い

先ほどもお伝えした通り、通常の会議を繰り返し行うとマンネリ化しやすく、生産性がなく無駄な話し合いで終わってしまうことがしばしばあります。

 

いまこの記事を読んでいるあなたも

 

「話が途中で脱線しまくったけど、結局いま何の話をしているんだっけ?」
「資料読めば済むのに、改めて読み上げる必要ある?」
「会議長かったけど聞いているだけで、何も発言せずに終わってしまった…」

 

といった経験はないでしょうか?

 

このように、通常の会議がマンネリ化すると、気づかないうちに非生産的な結果を生んでしまっていることも少なくありません。

 

何も結果を生まない半日を過ごすのであれば、少しでも自分のタスクや事業を進めた方がいいと、思ってしまいますよね。

 

そこで、少しでも有益な議論や自由なアイデアの発想を求めるのであれば、オフサイトミーティングをすることをおすすめします。

 

その理由をこれから紹介していきますね。

 

 

 

あえて離れた場所を選んでミーティングをする3つの理由

あえて離れた場所選んでミーティング(オフサイトミーティング)をする主な理由を

 

・企業内メンバー同士でのコミュニケーションが深まる
・リラックスした環境で自由なアイデアが生まれやすい
・仕事疲れのリフレッシュも兼ね備えている

 

の3つに分けて紹介します。

 

企業内メンバー同士でのコミュニケーションが深まる

まず1つ目が、企業内メンバー同士でのコミュニケーションが深まること。

 

オフサイトミーティングでは、仕事場から離れた会議室でやることもありますが、コワーキングスペース、カフェ、旅館、古民家などで行うこともあります。

 

いつもの単純な職場とは違い、周囲の環境も変わることで、普段はなかなか話すことがないメンバー同士での交流を増やすことができます。

 

また、肩書きや役職関係なくフラットな関係でコミュニケーションを取りやすくなるのも、オフサイトミーティングをおすすめする理由です。

 

リラックスした環境で自由なアイデアが生まれやすい

そして2つ目が、リラックスした環境で自由なアイデアが生まれやすいこと。

 

上司や普段は話さなかった社内メンバーと隔たりのない雰囲気で接することができれば、自由な発言や発想が促され、活発に意見交換ができます。

 

いつもと違ったメンバーとリラックスした状態で交流を持つことによって、新しい考え方や意見がでやすくなるのもオフサイトミーティングのよいところです。

 

また、意見の交換によってチームが活発化するようになり、一体感を高めるだけでなく、チームビルディングの効果も高めることができます。

 

仕事疲れのリフレッシュも兼ね備えている

最後に3つ目が、オフサイトミーティングには、仕事疲れのリフレッシュも兼ね備えていることです。

 

オフサイトミーティングで、企業の課題解決や新しいアイデアを考えるのはもちろん、日頃の仕事の疲れを癒す効果も期待できます。

 

常に疲れている状態では、ハイパフォーマンスを出すことができません。

 

そして、疲れている状態での会議では集中力が散漫になり、生産性のないミーティングになってしまいます。

 

しかし、オフサイトミーティングは、森林浴や温泉、BBQなどもアクティビティにより、社内メンバー内で楽しみながら過ごすことができるので、リフレッシュ効果が高いです。

 

 

 

まとめ:自由に新しいアイデアを引き出すならオフサイトミーティング

いままでの話をまとめると、オフサイトミーティングには

 

・企業内メンバー同士でのコミュニケーションが深まる
・リラックスした環境で自由なアイデアが生まれやすい
・仕事疲れのリフレッシュも兼ね備えている

 

の効果があり、結果的に『企業内メンバー同士の意見交換を促すこと』になるとお伝えしました。

 

つまり、通常の会議とは違い、オフサイトミーティングでは、有益な議論や自由なアイデアの発想がしやすいということなのです。

 

マンネリ化した会議だと、情報の共有をしただけで生産性がない時間を過ごしてしまいかねません。

 

最近行ったミーティングで、少しでも無駄が多いと感じてしまった経験があるのであれば、ぜひ1度、気分を変えてオフサイトミーティングを開催してみてはいかがでしょうか。